ふるさと納税ワンストップ特例制度について

2015年から導入された「ワンストップ特例制度」を利用すると、より簡単に税金控除の申請を行うことができます。便利な制度を利用する前に、特徴や適用条件を確認しましょう。

ワンストップ特例制度とは、2015年4月1日の税制改革で新たに追加された特例制度です。
利用可能条件に当てはまる方であれば、確定申告をせずにふるさと納税による寄付金控除を受けることができます。

以下の2つの条件に当てはまる方は、ワンストップ特例制度をご利用いただけます。

  • 1月1日~12月31日の1年間で寄付先が5自治体以下の方
  • 確定申告をする必要のない方
    (詳しくはこちらをご確認ください)

ワンストップ特例制度を利用する場合、寄付を行った個数だけ申請が必要になります。同一自治体に2回寄付をした場合には、申請は2回必要になりますのでご注意ください。

STEP1. 申告に必要なものをそろえる

ワンストップ特例制度に必要なものは以下になります。2016年から、マイナンバー法の施行により、各種書類の提出が義務付けられるようになりました。
寄付先のそれぞれの自治体に、以下の提出物を不足がないように送付してください。

STEP2. 申請書に必要事項を記入する

STEP3. 申請書と必要書類を寄付先の自治体に郵送する

記入を終えた申請書と必要書類を、寄付をした自治体宛に郵送してください。
提出書類に不備があると寄付金控除が受けられませんのでご注意ください。

↑キーワードから探すならこちら↑

ふるさと納税 ワンストップに関連する検索キーワード

ふるさと納税で人気の返礼品を金額別に探す

楽天市場で開催中のおすすめ企画

楽天上半期ランキング

 

 

 

 

特定商取引法に基づく表示