顔のシミを消す方法【ためしてガッテン版】と皮膚科医おすすめ美白成分アイテムがたった980円⁉

2016年1月20日に放送された『ためしてガッテン』の特集で「戻れ!シミの消えた肌 冬こそ徹底対策」という、顔のシミを消す方法が紹介されていました

ためしてガッテン

画像引用:NHK

番組内で紹介した内容をまとめると、

  • 対象となるシミの種類が「赤いシミ」と「茶色シミ」
  • シミの種類によって、顔のシミを消す方法が違うので使いわける

正しいケアをすれば、シミはキレイに消したり薄くなったりするというお話でした。

それではさっそく、「ためしてガッテン流、顔のシミを消す方法」をお伝えします。

ためしてガッテンで紹介されていた2種類のシミ対策

1.赤いシミ

画像引用:時事メディカル

「赤いシミ」は、皮膚ガンのひとつで、「日光角化症」のことでした。

主な原因紫外線を浴び続ける
特徴皮膚表面がザラザラしている

 

赤いシミを消す方法

イミキモドクリーム

「日光角化症」と診断されると「イミキモドクリーム」(ベセルナクリーム)という塗り薬が病院で処方されます。

 

残念だったのが

普通のシミじゃなく、ガンの一種のシミに効果的なクリームの話だったわけです……😱

「イミキモドクリーム」は、ベセルナクリームとして入手は可能ですが自己判断せず必ず病院を受診して処方してもらいましょう。

では、茶色いシミはどうだったのでしょうか❓

 

2.茶色いシミ

炎症後色素沈着
画像引用:皮膚科・美容外科SSクリニック

「茶色いシミ」は、メラニン色素が肌のなかで滞っている状態。

【メラニンとは】細胞の中にある核が紫外線にあたると…

核の中にあるDNAが破壊されたり、変異して、細胞が死んだり皮膚癌を引き起こしたりします。それを防ぐために、表皮の一番下にある基底層のメラノサイトは、メラニン色素を産生し、それを周囲の表皮角化細胞に供給することで、傘のような役割をし、真皮に紫外線が届かないようにブロックしています。

引用:KOSE

くわしくは+をタップ

番組内では、言っていませんが「炎症後色素沈着」の状態でしょう。

主な原因肌の摩擦

(洗顔、メイクのスポンジ
、髪の毛が顔にあたる
、顔を触るクセ)

特徴見た目にはわからない程度の炎症が
長期的に続くとなりやすい

 

茶色いシミを消す方法

泡洗顔

  • 洗顔はよく泡立ておこなう
  • メイク道具をやわらかいものに変更する
  • 顔に髪があたらないように髪を切る

ただ、シミが目に見えるほど薄くなるまでには、数ヶ月程度の時間が必要ですね。

「ためしてガッテン」では、地道に続けていけば、確実に肌質は改善するとのこと。スキンケアを見直して、摩擦を減らしていくことが重要と解説していました。

 

だけど、シミの原因は摩擦のほかにもあると思うんだけど😅(保湿などの美容成分、遺伝や紫外線、女性ホルモンなど。)
個人的には摩擦を止めるだけでは、すべてのシミがきれいに消えるとは思えませんでした💦しかも、「赤いシミ」の日光角化症はガンの一種でしたしね。

SNS上での感想

「普段やっている内容が多かった」と、
感じている人が多いようでした。

もっと、「シミの原因に効くのはコレ!」
という内容を期待していたので、

ちょっと残念でした😭

けど、放送当時と違って今は、
美白におすすめの美容成分でシミにアプローチ可能なんです。

とくに注目成分は、
「ナイアシンアミド」

成分の特徴を3つあげると、

1.メラニンを生成させない

ナイアシンアミドは、メラニンの生成を防ぐことにより、シミとそばかすを防ぐ効果も認められています。

肌に働きかけることで、透き通るような素肌へ導きます。

 

2.コラーゲンをサポートして、シワを改善

ナイアシンアミドが肌の奥からコラーゲンの働きをサポートすることで、美しいハリ肌へ導いてくれます。

 

3.肌のバリア機能を保つ

セラミドの働きもアプローチし、肌内部をみずみずしく保ち、美容成分の浸透をささえてくれます。
※角質層まで

ナイアシンアミドについては、美容皮膚科医の友利新先生も動画で伝えています。

以下に、重要な部分をまとめました。

真皮にあるコラーゲンの生成を改善&コラーゲンができてシワの改善が期待される。

表皮の細胞にメラニン色素の受け渡しを抑制するので、美白作用が期待される。

 

「ためしてガッテン」でも伝えていたようなシミ対策や、美白効果のある美容液(美容クリーム)を使うことで、理想的な肌に戻れるでしょう。

※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

 

 

画像引用:NHK
画像引用:時事メディカル
画像引用:皮膚科・美容外科SSクリニック
引用:@cosme(アットコスメ)
引用:@cosme(アットコスメ)